「 悲劇、2周目。」

人間の死肉を喰らう怪人“喰種”が潜む街――東京。

大学生のカネキは、ある事故がきっかけで“喰種”の内臓を移植され、半“喰種”となる。

人を喰らわば生きていけない、だが喰べたくはない。

人間と“喰種”の狭間で、もがき苦しむカネキ。

どちらの世界にも「居場所」が無い、

そんな彼を受け入れたのは“喰種”芳村が経営する喫茶店「あんていく」だった。

そしてカネキは自らが“喰種”と人間、

ふたつの世界に「居場所」を持てる唯一人の存在であると知る。

互いが歪めた世界を正すため、

カネキは“喰種”と人間の想いが交錯する迷宮へと立ち入るが…。

――僕は“喰種”だ――

全てを守れる「強さ」を欲したカネキが取った究極の選択は、

自らの人間的な部分を葬り“喰種”として生きることだった。

走り出してしまった決意。暴走する優しさ。

「強さ」の果てに、カネキが見たものとは…?

原作者・石田スイが紡ぎ出す、もうひとつの「東京喰種」が幕を開ける。
 

接续在前作之后,在「青铜树」基地中,CCG和喰种们的战斗依然持续着,其中 篠原幸纪、黑磐严等搜查官,在面对SSS级喰种 枭 时陷入苦战。另一方面,咖啡厅「安定区」的伙伴们也展开与青桐树干部 野吕 的决战,但这时的董香却惨遭胞弟绚都的无情压制而陷入危机,这一场无情决战最后会如何收尾呢!?